北海道の税理士事務所を紹介

相続と司法書士への依頼のタイミング

親や自分の連れ合いが不動産を残して亡くなり、相続人の間で残された遺産の配分が決まれば、不動産を承継した相続人は不動産の登記名義を書き換えることになり、相続登記を申請することになりますが、司法書士にはいつ依頼すれば良いでしょうか。
 登記の申請を司法書士に依頼することを考えているのであれば、必要な戸籍の収集を自分でやったり行政書士など他の専門家に依頼するよりは、戸籍の収集を含めて全て依頼するのが得策と思います。
 というのは、自分で収集する場合はそれぞれの戸籍を所管する市町村役場の調査から始めなければなりませんが、結構手間がかかりますし、行政書士に依頼すればこの手間は省けるものの登記申請は改めて司法書士を頼まなければならず、それならば最初から全て任せた方が良いということになるからです。
タグ:北海道
posted by 税理士 at 22:24 | 北海道